うつ病を患う人は増加傾向にある|早めに症状を改善しよう

人間関係など

病院

うつ病の患者さんの数は、年々増えつつあるようです。うつ病の原因は、主にストレスだといわれています。仕事や学校、恋愛などさまざまな人間関係でもストレスは生じてしまうのです。また、妊娠や出産を経て子育てに奮闘しているお母さんも、うつ病になってしまうこともあるのです。ストレスの一番の原因は、人間関係だといわれているのをご存知でしょうか。たとえ血の繋がった家族との人間関係でも、ストレスが溜まってしまうことがあると考えられているのです。ですから、ストレスを適度に発散することはできても、ストレスをすべて失くしてしまうことはとても難しいことだといえます。ストレスと上手く付き合っていくことも重要となるのです。うつ病は精神的なものだけでなく、脳の機能が原因のこともあります。ストレスを感じていて、気分が落ち込んでしまって生活に支障をきたしている場合は、うつ病の可能性があります。ストレスが原因で辛い症状がある場合は、まず精神科や心療内科に行ってみてはいかがでしょうか。

うつ病の症状には、さまざまなものがあります。気分が落ち込んでしまったり、無気力になってしまうなどの抑うつ状態や、集中力なくなってしてしまい、仕事や勉強に身が入らないなどの思考力の低下、好きな趣味をしていても楽しめないなどの意欲の低下などがあります。これらは心の症状です。体の症状が出る方も少なくありません。入眠できなかったり、中途覚醒してしまうなどの睡眠障害や疲れがとれず倦怠感がある場合も多いです。頭痛や動悸などもあります。心の症状と体の症状がどちらもあるという方もいらっしゃいます。症状が酷い場合は、早めに心療内科などに行きましょう。また、周りにうつ病のような症状がみられる方がいる場合は、あたたかく見守ってあげることも重要です。病院に行くことを促すのも良いですが、無理強いはおすすめできません。また、ストレスの原因がないのにうつ病のような症状が出るという方は、セロトニンやアドレナリン不足の可能性もあります。うつ病の原因は、ストレスとは限らないのです。

気づくことが難しい疾患

悩む男性

うつ病は、主に人間関係や環境によるストレスが原因でなります。症状としては、気分の落ち込みや眠気やだるさ、過食などがあります。このような症状が起こっても初期はうつ病であることがわからない方が多いと思うのでしっかりと病院を受診することが重要です。

もっと見る

心が苦しいと感じたら

看護師

うつ病は心の風邪と呼ばれるほど、だれにでもかかりうる病気です。心と体に様々な症状があらわれますが、休養をしっかりとって自分の症状にあった薬を規則正しく服用することで改善がみられます。焦ったり自分を責めることなく、じっくりと治療をしましょう。

もっと見る

社会的背景が影響する病気

先生

うつ病患者は1990年代終盤から増加の一途を辿っており、その背景には急激なIT化による、ストレス・生きにくい社会が形成されたことが挙げられます。最近では、従来の精神的症状が主体のうつ病とは異なる、主に身体的症状が現れる「仮面うつ」が話題です。どちらも適切な治療をうけることで、症状は快方へ向かいます。

もっと見る

精神状態を確認

頭を抱える男性

うつ病は、近年珍しい病気ではありません。様々な症状が出るので色々な医療機関を受診しますが異常がないことが多いです。落ち着いて心療内科や精神科などを受診してみましょう。うつ病は治療をすると完治する病気です。

もっと見る

近年増加している精神障害

カウンセリング

近年、うつ病の患者は急速に増加しています。うつ病の主な症状は、不眠、食欲低下、やる気が出ない、物事を全て否定的に捉えるなどです。うつ病は早くに治療を始めるほど、症状の改善も早いとされています。治療は薬物療法が基本となりますが、患者の性格や環境によって精神療法や認知行動療法が併用されることもあります。

もっと見る